相続税の相談についてのこと!それが大事な要素

少しでも節約をするためには

相続税相談をするところは、いくつかあります。例えば弁護士もそうですし、或いは税理士でもよいです。ファイナンシャルプランナーは実はできないことが多いので注意したほうが良いでしょう。行政書士はあくまで書類の提出が仕事になりますから、ほぼ何もできない、ということになります。それをよく知っておくべきであり、基本的にはやはり税理士か弁護士にするべきでしょう。それが無難であり、相談相手として妥当なことであるといえます。

税理士の良いところというのは

弁護士よりも税理士のほうがよい、ということになります。言うまでもありませんが、税理士もかなり素晴らしい資格になります。基本的にはどうしても結構なお金になります。それでも十分にメリットがあります。弁護士というのは、法曹資格で最高ですがその次の次あたりに税理士も価値が高いとされている職になります。そうした人に相談をする、というのは極めてメリットがありますし、良い相続税相談に応じてくれることになるでしょう。

良い相続税対策というのは

非常に簡単にできる相続税対策としては、基本的にはまずは110万円を毎年渡すことです。これは贈与の非課税枠になります。そうすれば、安心して財産を目減りさせることができるようになります。つまりは、財産を徐々に流すことができるわけです。それこそがベストなやり方の一つになります。この110万円というのは現金のみ、というわけではなく、実は不動産を無料で貸したりすることも該当しますから、相続税対策として注意するべきです。

相続税が払えそうにないので、相続した土地の一部を売ってそれを払うなんてことがありますね。相続税相談を得意にしている税理士さんに相談するのもひとつの手です、