自分にとって最適な火災保険を選ぼう!補償額や保険金も重要!

建物の保険金を設定しよう!建物の評価が決め手!

火災保険に加入している中で建物に損害が生じた場合、保険金が支払われます。この時支払われる保険金は火災保険に加入した時の建物の評価によって決められ、保険料も変動します。建物の評価が上がれば上がるほど支払う保険料が高くなりますが、その評価額を決めているのは不動産が決めた評価額を保険会社が確認してから決められます。保険料が高くなるので評価額が低い方が良いでしょうが、あまり評価額を低くしてしまうと被った損害に対する保険金が適切でなくなる恐れがあるので保険会社が提示した金額に納得するのが一番ですよ。

家財の補償額は自分で決める!その時の注意点とは?

建物が損害を受けた時に支払われる保険金は建物の評価によって決まりますが、家財の補償額は保険会社ではなく自分で決める必要があります。この時に気を付けておきたいのが、全ての家財の合計金額を上回る補償額を受け取ることは出来ないということです。家財の補償額を算出するには、損害保険会社によって簡易評価表が作成されているので目安にすると分かりやすいでしょう。基本的に家族構成で決められており、世帯主の年齢と家族が多くなるにつれて金額も上がっていきます。

火災保険では補償されない!地震保険の必要性!

火災保険は様々な災害や事故などの損害を補償してくれますが、地震や噴火、地震によって発生する津波の損害は補償されません。よってこれらの損害を補償してくれる地震保険に加入する必要性があります。地震保険は民間と国が取り扱っているので、保険会社によって保険料や補償内容が変わることはありません。しかし、地震保険だけに加入することは出来ないので、何かの保険とセットにして加入しなければなりません。自分の地域が地震が起きやすいかで決めると良いでしょう。

火災保険とは、どういうものかといいますと、建物とその中にある家具ですとか什器を家が火事で燃えた時などに補償するものです。